早期発見で転移を防ぐ|前立腺がんは免疫療法で

片頭痛や急な頭痛に注意

男性患者

片頭痛や急な頭痛が症状

脳動静脈奇形という病気は先天性疾患のひとつで脳内の動脈と静脈がかたまりになっている状態です。動脈と静脈がつながっているので、高い血圧と血流による負荷が血管に強くかかり血管が破れてしまい、脳出血やクモ膜下出血の危険性のある病気です。原因は特にわかってはいません。先天性で徐々に大きくなり、自覚症状もないままであることが多くあります。しかし、まれに片頭痛や慢性的な頭痛が症状としてみられる事もあります。脳動静脈奇形の発見は70%以上がクモ膜化出血や脳内出血を発症する事で発見する事も多く、脳内出血で発症する場合には言語障害や感覚障害をはじめ、頭痛や嘔吐、吐き気といった症状もではじめます。クモ膜化出血で発症する場合には急に強い頭痛がおこる事があります。診断は造影剤を使ってMRIで診断をする事になります。

治療方法や予後

脳動静脈奇形は、発見した時に、脳内出血やクモ膜化出血を発症していることが多いので入院をして、その症状を安定させることに集中します。その後、摘出が可能であれば、脳動静脈奇形の全摘出を行います。手術に関しては、年齢や脳動静脈奇形のできた部位、大きさや合併症なども考慮して判断をします。手術が難しいと判断した場合には、血管内治療の塞栓術やガンマナイフなどによる放射線治療も行います。治療後に合併症の起こる可能性もあるので、退院するまでも注意が必要になります。半年後に造影剤を使った脳内の検査において、根治が認められれば治癒として判断されます。脳動静脈奇形は先天性の病気で自覚症状も少ないので、突然の発症から治療になる事も多いのが特徴になります。

Copyright © 2016 早期発見で転移を防ぐ|前立腺がんは免疫療法で All Rights Reserved.