早期発見で転移を防ぐ|前立腺がんは免疫療法で

片頭痛や急な頭痛に注意

男性患者

脳動静脈奇形は自覚症状が少ないだけに、判断が難しく片頭痛や慢性的な頭痛があっても。なかなか医療機関には行かない事が多いと思います。仮に脳動静脈奇形ではなかったとしても、頭痛の症状がもっと危険な病気の前触れなのかもしれません。あまり軽くみないで医療機関を受診するのが良いのかもしれません。

もっと見る

早期発見が重要

院内

加齢による増加

前立腺がんは欧米ほど多くはありませんが、日本でも食生活の変化や高齢者の増加によって患者の増加が顕著になっています。前立腺がんは直腸の触診によって発見するケースがありますので、健康診断を受診することは重要です。前立腺がんは50歳前にはあまり見られませんが、年齢が高くなるにつれて患者が増加します。特に家族に前立腺がんの患者がいる場合には注意が必要です。前立腺がんは早期発見して転移する前に発見することが重要で、転移をする前であれば免疫療法などの採用で対応することが可能です。前立腺は直腸や骨盤の近くにありますので、その付近に浸潤することも多いのですが、リンパ節を通じて他の臓器や骨に転移することも少なくありません。

食生活の改善

前立腺がんの原因の一つに脂質の食物の摂取が指摘されているので、食生活の改善は重要です。特にトマトに含まれているリコピンや豆類は含まれているイソフラボンは効果があると指摘されています。現在は忙しい世の中になっており、食生活の改善が食物では摂りにくくなっているのでリコピンやイソフラボンを含む健康食品が開発されて人気を博しています。前立腺がんは初期の段階は自覚症状がありませんので、健康診断で血液検査や腫瘍マーカーや触診が重要となっています。前立腺がんはがんの中では進行が遅いがんとなっていますので、早期発見すれば治すことができます。しかしながら発見が遅れて転移をしている場合には各種の治療をする必要があります。

免疫細胞の種類と活用法

屋内

人体を守る免疫システムは白血球が担っていますが、その半数以上は細菌・真菌などの異物を処理する顆粒球です。ストレスなどの影響で免疫バランスが崩れると、体内に発生するがん細胞の排除役だったリンパ球が減少しがん発症につながります。免疫療法はNK細胞とT細胞などのリンパ球を活性化させがんを治療する方法です。

もっと見る

人気高まるHDF

病室

慢性腎不全と診断された患者さんにとって、人工透析に伴うさまざまな体調不良は悩みの種です。ダイアライザーだけでは除去しきれない老廃物を、HDFという新しい方法で取り除くことが可能になりました。血圧が安定して合併症も予防できるため、世田谷区の透析施設でも増加中のHDFに人気が集まっています。

もっと見る

Copyright © 2016 早期発見で転移を防ぐ|前立腺がんは免疫療法で All Rights Reserved.